ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

ロードワンダー(バグワイザー'16)が締め切り直前に

またまたポチってしまうではないか…ロードからのお知らせが届きました。

2018.04.10
ロードワンダーは、4月中旬もしくは4月下旬に栗東庄野靖志厩舎へ入厩の可能性がございます。

【ご出資のお申し込みは4月16日(月)午後5時で締切となります。】
総額1,512万円 一口出資金30,240円 500口募集
申込合計35,936円(一口出資金30,240円、維持費出資金4,800円、2歳分保険料出資金896円)

 ロード16世代では一番早い入厩となりそう。こちらがそのロードワンダー(バグワイザー'16)さんの直近馬体です。

f:id:yuminemu:20180410125156j:plain

2018.04.03
ロードワンダーは、4月2日(月)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。
・当地スタッフ 「最終的に800mのダートでも入念に乗り込み、4月2日(月)に出発しました。将来的な成長力は未知数。ただ、2歳春にしてはしっかりしており、豊かなスピードを武器に早くから暴れ回ってくれるはずです。即戦力には打って付けの1頭でしょう」

2018.03.30
ロードワンダーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「試しに更に踏み込んだところ、併せたパートナーを置き去りに。終いは13秒前後のタイムが出ていたと思います。それでも余力が残っていたように、完成度が非常に高い1頭です。飼い葉食いも大丈夫。こちらを発つタイミングが近付いて来ました」

こんな感じで育成コメントも上々。

母系は全然馴染みないですが、近親に種牡馬オフィサーがいますね。母の産駒はすでに8頭。7頭出走で5頭が勝ち馬になっているそうです。

早速昨日ちょっとレビューした「馬体は語る」の馬体ポイントに従って、ニワカ仕込みながら診断してみてみると・・・。後ろより前がちょっと勝ってる前輪駆動型なので、芝も良さそうだけど若干ダート向きかも?ただちょっと小さいんです、3月時点で427kgということ。募集時からも特に馬体面に変化はないので、早熟タイプなのでしょう。胴も平均的な感じなので、短距離~中距離ランナーではないでしょうか。もうちょっとトモがデーンとしてくれば尚良なのですが。

厩舎もスワーヴリチャードで勢いにのる庄野調教師ということですし、早期デビュー組はすぐに出走してくれるのはワクワクしますよね。

個人的にキンシャサノキセキ産駒は、あまり良い思い出が無いので今まで出資を控えていましたが、あと数日、ぎりぎりまで迷ってみようと思います。

(当記事は株式会社ロードサラブレッドオーナーズさんから転載許可をいただいております)

馬体は語る (競馬道OnLine 選書シリーズ)

馬体は語る (競馬道OnLine 選書シリーズ)