ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

エレナレジーナ(広尾サラブレッド倶楽部)が新馬勝ちしたのに出走前のレビューすらしていなかったことを後悔帝王

広尾サラブレッド倶楽部が好調!?

出資馬ではありませんが、ディープ牝馬のディメンシオン(ミスペンバリーの2014)が500万、1000万と連勝中。

そしてそして、先週土曜の札幌5R新馬戦、ねむねむ出資のエレナレジーナが4番人気で出走。直線見事な末脚でデビュー勝ちしました!

先週の時点で出走予定の期待馬として紹介したいなぁ、と思っていたのですがなかなか時間がとれず土曜日になってしまい、結局後付け的なご報告に。1着は個人的にちょっと望外の結果で馬券も複勝しか持っていませんでした。

f:id:yuminemu:20180821131704j:plain

↑こちら↑が出資を決めた時期、2017年10月の馬体写真です。胴は短めですが、個人的に入れ込んでるノヴェリスト産駒で、しかもダイナカール牝系ということで、新規の無料サービス特典の4口をすべてこの馬にして入会したのでした。

広尾さんは、とにかくポイントや特典が多い。また所属馬の写真点数もとても豊富。

f:id:yuminemu:20180821132340j:plain

こんな可愛らしいお顔(これは2017年10月時点のもの)も定期的に見せてくれます。おっさんですがキュンとしちゃいます。

18.08.18
 スタートを決めて、前半は好位集団の直後。前を射程に入れて外めを回って直線を迎えると、残り200mを切って危なげなく抜け出し、新馬勝ちを収めています。
「事前の指示通り、前に1頭馬を置いて我慢させながら。直線が短いので少し早めに交わしにかかり、終いを伸ばす競馬をしたところ、バッチリうまくいきましたね。普段は大人しいものの、今日は初めての競馬ということもあってイレ込み気味だった分、交わした時にヨレるようなところがありましたが、しっかりと言うことを聞いてくれますし、反応も上々。終いもちゃんと伸びて勝ってくれました。これからが楽しみです」(藤岡康騎手)


「やれると思っていましたし、イメージしていた展開、レースにもなりましたよね。それでも馬自身はまだまだ小ぶりですし、競馬も覚えていない段階。全体的にはこれからだと思っています。まだ伸びしろがあるわけですから、もちろん悪い話ではありません」(加藤征調教師)


◆2ヶ月以上もかけてトレセンと競馬場でじっくり調整してもらった甲斐があり、前向きさと仕上がりの良さを活かしての正攻法による勝利。見事に初陣を飾ってくれました。成長途上での新馬勝ちの価値は大きく、これから経験を積んでいく中でのパフォーマンスにいっそう夢が広がります。なお、このあとは「上がりの状態をしっかりと確認してから」と調教師。慌てず慎重に判断していく方針です。(HTC)

小柄な牝馬ということも配慮してくれているのでしょう。大事に育ててくれそうで嬉しいです。ノヴェリストは2勝目を挙げた産駒が恐らく先週勝ったメイショウロセツ、あとデュッセルドルフだけという小物サイヤーになってしまっておりますが、ダイナカール牝系の成長力にも期待しつつ、応援したいと思います。

さて、これでねむねむの2016産世代(全35頭)は5頭目の勝ち上がりとなりました。

ロードアクア新馬)ロード
パイロテクニクス新馬)シルク
ルメッサージュ新馬)キャロット
タイドオブハピネス(2戦目未勝利)ノルマンディー
エレナレジーナ新馬)広尾

すべて違う一口クラブ(笑)。2016世代でデビューしたのは他にユナカイト(シルク)、ロードシュタルク、ロードスパイダー、オルオル(YGGの無料提供馬)が居ますが、8月下旬時点でデビューした9頭中5頭が勝ち上がりとは。私は高額馬は滅多に手を出しませんし、そんな中でこの結果はとんでもない好成績と思っております。