ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

カラレイアは地方移籍もシルク所属で現役続行

9月15日(土)、スーパー未勝利にデムーロ騎手で臨んだカラレイア(エンパイアメーカー×ベッラレイア)。惜しくも3着になってしまいガッカリしましたが、 どの陣営も必死のレース。不利もありながら最後良く追い上げてくれました。平田調教師のコメントや今後の動向についてシルクより発表ありました。

 

平田修調教師「スムーズな競馬が出来れば仕上がりの良さから結果を出してくれると思っていましたが、まさか1コーナーに差し掛かるまで2度不利を受けてしまうとは運がないですね。向こう正面で外から捲っていき、結果的に最後は甘くなってしまったものの、勝ちにいく競馬をしてくれたと思います。ここに来て状態が安定してきたとはいえ、もう少しコンスタントに出走できていれば、未勝利を勝ち上がっていたと思うだけに、良い結果を残すことが出来ず申し訳ありません」

これまでのレース内容を踏まえて今後について協議した結果、能力的に500万クラスでの活躍も十分期待できるとの判断に至り、中央再登録の資格を得ることを目標に、当競走馬ファンドを継続したまま一旦地方競馬へ転籍させることになりました。近日中に抹消の手続きを行い、今後は滋賀県ノーザンファームしがらきへ移動し、態勢が整い次第、移籍先を決定する予定です。詳細につきましては、決定次第ホームページにてご案内させていただきます。(シルクサイトより一部引用)

f:id:yuminemu:20160907144757j:plain

↑こちらが募集時の馬体。

www.youtube.com

↑こちらが募集時の歩き動画。クビを使った歩きで私の好み。

すぐに満口にはならずでしたが、母ベッラレイアが大好きだったこと、ノーザンファーム空港での動きが良かったことから出資しました。

母も管理した平田修調教師は、先日ターファイトクラブの馬を管理していて予後不良安楽死となりそうな牝馬の命を救った件で先日ニュースになっていましたね。

奇跡の馬ナリッシュ“命のリレー”で安楽死寸前から繁殖牝馬へ― スポニチ Sponichi Annex

カラレイアもデビュー戦で骨折してしまったこともあり、残念ながら未勝利戦での勝ち上がりはできませんでした。ただ期待されているからこそのファンド継続。移籍先はどこになるのか、そして地方競馬でのレースぶりに注目したいです。

父キズナの牡馬、リメレンスの2017~東サラの1頭追加出資

キャロット出資の抽選結果が牝馬ばかりになったので、東サラで迷っていたキズナ産駒の牡馬をポチりました。

www.tokyo-tc.com

リメレンスの17です!

馬体はまだ何やらひょろんとしてるのですが、体高がかなりあるのできっと立派な馬体に成長してくれるのでは、と思いました。そして雅な5代血統表も魅力。

f:id:yuminemu:20180914162303j:plain

一発ありそうで、ワクワクしますね。まずは無事に成長してくれますように。

キャロット抽選惨敗

f:id:yuminemu:20180914150531j:plain

厳しい・・・。ジャスタウェイの牡馬はとりたかったなぁ。

というわけで2017世代のキャロット出資馬は下記4頭。

ユールフェストの17

ストールンハートの17

イストワールの17

アンソロジーの17

父はジャスタウェイキズナノヴェリストスマートファルコン師匠。

ご一緒の皆さま、どうぞ宜しくお願いいたします。

2018年キャロット第1次出資申込完了

前回の記事で色々検討していましたが、その後も取捨選択がありまして。

f:id:yuminemu:20180907094808j:plain

このような感じになりました。地方競馬のアンソロジーを最優先という奇策。これは確実に取れると信じます。

問題はその他の申し込み馬達。果たして一般で何頭抽選突破できるのか。

f:id:yuminemu:20180907094649j:plain

「73. カフヴァールの2017」はタートルボウル産駒ながら(失礼)、見れば見るほどいい馬に思えてきて最後に追加ポチりしました。既にかなり人気しているようですが一般では取れないかな・・・。

db.netkeiba.com

キャロットクラブの候補馬

ねむねむは募集価格1000~2000万円台がメインです。

特にチェックしたのが常歩の動画です。首をうまく使ってふんふん自然に振りながら歩いている馬、前の出がスムーズに見えて完歩も大きく見えた馬を重視しました。まぁどの馬もとても良く見えちゃうんですがね。

www.youtube.com

↑お手本の歩き、アーモンドアイ↑

www.youtube.com

↑お手本の歩き、ブラストワンピース↑

 

▽多分ポチりにいく馬
63. ストールンハートの2017
70. イストワールの2017
84. アンソロジーの2017
68. ピュアブリーゼの2017
77. スペクトロライトの2017


▽おそらくポチりにいく馬
29. マルティンスタークの2017
69. バロネスサッチャーの2017
31. ヒカルアモーレの2017
35. ゼマティスの2017
37. レインオアシャインの2017
32. ユールフェストの2017

▽凄く良く見えたけど中間発表みて諦めつつある馬
78. スネガエクスプレスの2017
76. トゥザレジェンドの2017

 

ヒョロヒョロ馬体の産駒ばっかりであまり評判が芳しくない雰囲気のキズナですが、ワタシは注目してます。63. ストールンハートの2017は人気しなさそうなので一般枠で。そして、先週札幌で産駒ワンツー決着もあったノヴェリストもきっとこれから挽回してくれるはず。70. イストワールの2017はノヴェリスト産駒にしては大きめに出ているので期待しています。

歩き見て一番良いな、って思ってるのが地方募集馬の84.アンソロジーの2017。最近地方競馬ばっか観戦してるんで、出資できないかなぁ。これを最優先にするかなぁ。

ジャスタウェイ産駒の31.ヒカルアモーレは外向歩様なんですが大物感。ポーレンの2016にちょっと似てますね。

予算的に出資はしませんが、キャロットの中で一番なんかコイツ凄そうだなって思ったのが募集価格最高額の41.クリソプレーズの2017です。測尺が馬体重:429kg、体高:162.0cm、胸囲:172.0cm、管囲:21.0cmとなっていて、馬体重は軽いのに体高がとてもある。身が入ってきたらどんな馬体になるんだろう、と思わせます。POGで指名かな!