ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

グリーンファーム愛馬会の隠し玉~マウントフジの2017(募集額800万円)

マウントフジの2017(牝馬・父ケイムホーム・馬名フラワーエッセンス)
吉澤ステーブル在厩(栗東宮本博厩舎予定)

馬体は左上が募集時、右上が昨年10月頃、左下が3月、右下が直近。

f:id:yuminemu:20190404140544j:plain

マウントフジ2017

BTCの屋内坂路と1000mウッドチップコースを併用して17~18秒ペース中心の調整。終い15秒ペースも消化しており順調だ。担当者は「強目を乗り出した後も問題は無く、間隔を取りながら15秒ペースを消化できています。強目を乗ったときの反応も良く、精神面の余裕が出てきてコントロールも向上してきました。無駄肉が取れて筋肉が付き、馬体にメリハリが出て良くなっています」とのこと。
(4月1日)

引き続き、BTCの屋内坂路と1000mウッドチップコースを併用して18秒ペース中心の調整。3月初旬に15秒ペースを1本消化し、その後も順調。担当者は「先日、初めて15秒ペースを乗ってみたのですが、1本目としては加速がスムーズで動き自体も良く、スピード感ある動きが出来ていました。これまでは強い調教後にトモや背腰に疲れが出やすかったのですが、強目を乗った後も大きな反動は出ておらず、ここにきて大分しっかりしてきた印象です。まだしばらくは馬に合わせて間隔を取りながら強目を消化させていきます。変わり身が大きく楽しみです」とのこと。現在の馬体重は460キロ。
(3月20日)

グリーンファームサイトより抜粋

募集時から気になっている馬の1頭ではあるんですよね、歩き動画も出資したラヴアズギフトの次くらいに良く見えたんです。インティを輩出した父ケイムホーム、母系の血統も面白く(シルクで人気の繁殖ペンカナプリンセスと同牝系、あとかなり遠いですが、InRealityやロイスアンドロイスの一族)、前向きな気性も◎。そしてなんといっても募集価格800万は魅力です。

育成段階でこれだけ好感触だと、そろそろ満口になるんじゃないでしょうか?と思っちゃいますが、ノーザン天国のこのご時世、色々と地味過ぎてこの馬の素質に誰も気がついていない模様(笑)。

ペッシュドールの17(ジュネスドール)が気になり始めている

ペッシュドールの17

netkeiba

f:id:yuminemu:20190401092831j:plain

ジュネスドール

ジュネスドールって名前だそうで、人形?とか思っちゃうけど、「d'or」で"金の"とかの意味なんですね。牡馬です。
アグネスデジタルで母父キングカメハメハ、世代の差がありそうではあるんですが、クロスは意外なことにMr.Prospectorが3x4、Northern Dancerが5x6・6とそんなにズレないんですね。この組み合わせの産駒は2017世代まで当馬含め6頭いるらしいですが、中央地方含め勝ち星は無し。
母ペッシュドールは、ステイゴールドなどと同牝系の名門、サンデーレーシング募集の期待馬ですが自身は未勝利。産駒も中央未勝利。

これだけだと「う~ん」となってしまいそうではあるんですが。

2019/3/31 (ノルマンディーファーム) 馬体重:459kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ雨の日などはソワソワすることもありますが、ここ最近は気性面での幼さも影を潜めて、落ち着いた雰囲気で馬場入りしています。調教にも集中できていることからペースアップを図り、終い15秒ペースの追い切りも試してみたところ、スピード感溢れる走りを披露。トモに力があって、バネの利いたフットワークをしています。今後も追い切りを織り交ぜつつ、更なる良化を促していこうと考えています」と話していました。

あら、なかなか良さげ。ノルマンディーは速い時計を出すタイミングが他より遅いのでなかなか判別つきにくいんですが「スピード感溢れる走り」コメントには惹かれます。厩舎はキタサンブラック清水久詞調教師、勝率や連対率、複勝率に特筆すべき点はありませんが掲示板率は良い印象です。また、しっかり鍛えてくれそうな点も好印象。募集価格1440万円。歩き動画も柔らかさがある気がして良かったです。写真は3月末時点のもので冬毛がモコモコ。ノルマンディーならモコモコ馬体は例年のことなので気にする必要はありません。前脚の筋肉が発達している感じが見て取れます。

そろそろ満口になるかもしれません。ノルマンディーはトレーニングセール馬を狙いたい気持ちもありますが、本馬についてはギリギリまで検討しますかね。

2017産(2020クラシック世代)出資馬のまとめ

ロードホースクラブ
ロードクラージュ
ロードエクスプレス
ロードスラッシュ
ロードデルタ

ロードクラージュは歩行動画で惹かれた馬。募集額3348万円はねむねむにしては高額の部類。
エーピーインディの2x3という珍しいクロスを持つロードスラッシュも素質ありコメントが多く期待せずには居られません。ケイアイファームがんばれ!


シルクホースクラブ
ピュアブレンド

大人気過ぎて出資できたのは1頭だけ。ウルトラブレンドの子どもは怪我などで大成できていませんが、募集額1500万と安価なこの馬の大活躍を、と願っています。父ヴィクトワールピサも最近良さそうですし。

キャロットクラブ
ユールファーナ
タイズオブハート
ウェイヴァリー
ブロンディーヴァ

とにかく期待しているのがブロンディーヴァ。地方募集のスマートファルコン牝馬ですが、牡馬顔負けの立派な馬体とパワフルな動きをみせていて、まずは夏の門別競馬でのデビューを楽しみにしています。
キズナ初年度のタイズオブハートも馬体と歩きが気に入った1頭です。


東京サラブレッドクラブ
レッドライデン
レッドラルーチェ
レッドエーデル
レッドレビン

キズナ初年度の牡馬、レッドレビンの脚長で成長力ありそうで期待しています。
レッドエーデルはルーラーシップ牝馬。馬体がなかなか増えず心配になっていましたが、最近の更新では446kgまでになりました、さすがノーザンファーム

グリーンファーム愛馬会
グランマリアージュ
ルヴァンヴェール

グランマリアージュは歩き動画が圧倒的に良く見えた馬。
ルヴァンヴェールは地方競馬で活躍馬を多く輩出しているエスポワールシチーの産駒で馬代金0円は魅力でした。

広尾サラブレッド倶楽部
パンサラッサ
スノージュエリー

ウインバリアシオンの初年度産駒スノージュエリーはエクワインレーシングで熱心に育成をされているようです。藤田菜七子騎手とのコンビに期待。

 

ノルマンディーについては、今後の育成コメント次第なのと、追加募集されるだろうトレーニングセールで落札された馬を狙っていきたいと思います。

ロードでポチるのは、即戦力のこの馬~クインズラッシュの2017(ロードエクスプレス)

キンシャサノキセキ産駒とは正直相性が悪いねむねむです。そして馬体重が小さい活躍馬が少ないのも懸念されます。

がしかし、またもやポチってしまいました。

ロードエクスプレス(クインズラッシュの2017)

2019.03.19
ロードエクスプレスは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「3月13日(水)に15-15を消化した上で、16日(土)には半マイル53秒7、ラスト12秒5のタイムを馬なりで記録しています。前向きな気性で促すとシュッと反応。完成度が高く、豊かなスピードを持つ部分からも今夏が楽しみな素材でしょう」

 

f:id:yuminemu:20190319144159j:plain

昨年の北海道サマーセールでの購買馬で以前から動向は注目していましたが、千葉分場に来てからの動きも良いようで、昨年ロードワンダー(今のところ1勝)以上の期待ができると思い、出資を決めました。

坂口智康調教師は2019年開業の新調教師、先週エイシンクリックで初勝利を挙げていましたね。エイシンバーリンなど栄進堂の馬を多く預かっていた坂口正則調教師の息子さんです。馬房にも余裕があると思うので馬の調子にあわせて使ってくれそうな点も良いな、と思いました。

まずはゲート試験とは思いますが、早くも入厩見込みということで3月25日が締切とのことです。夏場の短距離戦で活躍して欲しいな、と願っています。

#それにしても仕事が忙しすぎて、超久々の更新となってしまいました。

フィリアプーラがねむねむに初重賞をプレゼントしてくれました!

愛馬フィリアプーラがG3フェアリーステークスに勝利!!
ようやく重賞レースに届きました。嬉しいです。

フィリアプーラ(プリンセスカメリアの16)出資の理由は3つありまして、

一つ目は「歩き動画」。

f:id:yuminemu:20190113103129j:plain

フィリアプーラの募集時写真

馬体はこのとおりで、ちょっと前が立派な割に後ろが弱い気もしたのですが、歩いている時の動画を観ていて正面からみたアングルのクビの動きが八の字を描いていてよく見えたんですよね。

二つ目は「血統」。
アンバーシャダイの牝系です。底力ありそう。父系ではありますがアンバーシャダイ産駒のベストタイアップが好きだったこともあり、血統表でアンバーシャダイに近い名前をみると「うおお!」ってなるんですよね。兄アルフレードもG1馬ですしね、それで募集価格2000万ならいいじゃない、と。

三つ目の理由が「名前」。
兄姉にはアルフレードとかヴィオレッタといった名前の馬が居るんです。ラトラヴィアータが祖母ですね。ラ・トラヴィアータ(椿姫)はヴェルディの有名なオペラです。アルフレードヴィオレッタもその登場人物。
ねむねむは趣味でオーケストラでオーボエという楽器をぷうぷう吹いてまして、出資決めた時はちょうど椿姫の公演があった直後でしたので、兄姉の馬名も出資の理由ではありました(なんと適当な)。
名前で気に入ったというブラストワンピース事件がありましたのでその反省も踏まえまして。

 

というわけでよかったです。

 

話は変わりますが、素質に期待していたシルクのカラレイア、名古屋で2連勝しましたが怪我で結局引退となりました。

なんて可愛いらしいんでしょう。こどもが楽しみです。産駒が運良くどこかのクラブにいったら、出資したいなぁ。