ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

キングカメハメハが種牡馬引退するなら、ヴェイパーの18(広尾募集馬)をポチるしかないでしょう

f:id:yuminemu:20190709101624j:plain

なんという立派な馬体。2歳馬と間違えられるそうで、それも頷けます。牝馬です。

ヴェイパー18

これだけの良血で綺麗な馬ですから皆さんの期待も大きいと思います。走らせることは前提ですし、繁殖という大事な役割がありますから厩舎に課せられるのは競走成績を如何に残すか。広尾さんには騎手時代にも乗せてもらいましたし、結果を出せるよう一生懸命やらさせていただきます。(武幸四郎調教師)

武幸四郎調教師も良いではないですか。日頃のインタビューなどからも、管理している馬一頭一頭にとても丁寧に接している印象です。
募集開始時からノンビリと様子をみてましたが、満口近くとなり、この度の父キングカメハメハ種牡馬引退のニュースもあり、一口だけポチりました。
本日のセレクトセール当歳でもキンカメ産駒は高値になりそうな予感。さすが社台グループ、このタイミングでの発表とは戦略的ですね。

それにしても広尾さんはサイトが充実してますし、写真が可愛いし、ポイントも貯まりやすいので少額でも充分に一口馬主ライフを楽しめて良いですね。クレッシェンドラヴが七夕賞2着で所属馬の成績も上昇中です↑↑

レッドリヴェール2018(父モーリス)が安い。東京サラブレッドクラブの2018産の募集が始まりましたね

こちらが募集馬リスト

www.tokyo-tc.com

ディープインパクト産駒やノーザンファーム育成馬がある程度高いのは、まぁそうだよね、って思う反面、それらに該当しない他の産駒の募集価格はかなり控えめに感じました。特に父モーリスのG1馬レッドリヴェールの初仔(牝馬)が1400万というのは驚き。測尺が403kg、体高146cmと小さいのは心配になりますが、一口価格35000円はリーズナブル。

本日開催のセレクトセールでは大金持ちな個人馬主さん達が節税対策なのかもしれませんが、収支度外視のトンデモ価格で取引していますが、これは正直言って一般ぴーぽーの一口馬主での募集価格とは乖離がありすぎると感じます。

そういった意味で、ノーザン(社台)系を数多く擁する一口クラブで募集価格を提示したのが恐らくこの世代で最初となる東サラさんの値付けは、他のクラブにも良い影響が出るといいなぁ、と思うのですが、はてさて。

歩き動画で良いな、と思ったのは…。

ダントツで良く感じたのは、レッドファンタジア18、ですね。一口20万の歩き、ですね。兄も新馬勝ってますし惚れ惚れします。あと同じディープ産駒ではリュズキナ18も柔らかそうな動きで良かったです。

その他ねむねむ出資候補では、

レッドカチューシャ18(父ハービンジャー牝馬
(420kg・矢作厩舎・社台ファーム・一口40000円)
セレブレイションキャット18(父エピファネイア・牡馬)
(469kg・松永幹厩舎・社台ファーム・一口60000円)

レッドメデューサ18(父スピルバーグ牝馬
(401kg・齋藤崇厩舎・ノーザンファーム・一口40000円)


レッドメデューサは特に良いと思うなぁ、小さいけど。本馬だけでなくこれも歩きは良く見えたレッドソンブレロなど、今回の東サラ募集馬は体重小さめが多い気はしました。
前述のレッドリヴェールももちろん要チェック。あと絶好調のリアルインパクト産駒牡馬でノーザンファーム育成のスタイルリスティック18も気になる存在。母が高齢なこと、あと397kgと小柄な点は気になりますが、管囲は20.5cmとしっかりしているのでこれからの成長に期待してポチるかな。

アリゲーターアリー2017をはじめ、ノルマンディーの四次募集のラインナップはなかなかですよね

一口馬主生活もなかなか勝ち星がないとテンションが下がってしまいがち。更新も滞りがちです。

2017世代の出資馬ですが、1頭追加しようかと。

f:id:yuminemu:20190708111358j:plain

アリゲーターアリーの17

漆黒の馬体、スラッとした均整の取れたシルエットなど、グッドルッキングホースとして見る者を魅了した父ブラックタイド似の牝馬。いかにもサンデーサイレンス系らしい軽快さが感じられます。母アリゲーターアリーは名種牡馬ゴーンウエストの産駒で、武蔵野Sを優勝したシーキングザベストの半姉にあたる良血馬。祖母マッキーも米G3優勝馬と、母系からも活力が感じられます。北海道トレーニングセールに上場されたように、脚元や体調面に大きな不安はなく、仕上がりも順調。即戦力として十分計算できる逸材です。

管囲が19.5と細めで怪我が心配ですが、体高159cm、馬体重は458kgというスレンダー美人牝馬さん。

レーニングセールでの動きも上々。1040万と価格面もリーズナブル。昨年の四次募集ではマリアズハートがなかなかの活躍をしています。この馬以外も馬体も動きも素晴らしいように思いますが、はてさてどうなりますか。

私のノルマンディーの出資馬はまったく目ぼしい活躍ができていない現状ですが、維持費や会費が安いこともあり、「そのうちアタリが引ければ」とのんびり構えています。

先週も、アイルチャームが2勝目を挙げてました。募集価格760万円でこの活躍は羨ましいものです。

ブロンディーヴァがやばいらしい(キャロットの地方募集馬・アンソロジーの2017)

先週の中央競馬POG界隈でも話題になっていたロードクラージュは、可愛らしい牝馬が多数のパドックからヒヒーンヒヒーン興奮状態で6着惨敗。かなりの女性好きみたいでして去勢も検討されるのだとか(種牡馬の夢が・・・)。。。ゲート前でもうバテ気味とのことだったので仕方ないですね。気性が落ち着いてきたら一変すると信じたい。
まだこれから、と引き続き応援です。

さて、明日6月12日の17時10分、ごくごく一部の競馬ファンの間で「これはヤバい」とウワサになっている2歳馬ブロンディーヴァ(牝2)が門別競馬の第6レース「JRA認定フレッシュチャレンジ」ダート1200mでデビューします。

db.netkeiba.com

クラブ会員ページからの引用になりますが、下記が"絶賛on絶賛"の直近コメント。

ダイナミックな動きで促せばいつでも爆発的な脚を使えそうですよ。かなりの素質を秘めている馬と考えているので、どれほどの走りを見せてくれるのか楽しみにしています

「爆発的な脚」とかゲームでも聞いたことがない表現です。それもそのはずで、ノーザン空港の屋内坂路の時計がやばいんです。

f:id:yuminemu:20190611121404j:plain

こんな時計あるんですか、11.5-11.7とか、3F37.2とか。騎乗してるスタッフさんも決して体重が軽そうな雰囲気ではありません(失礼)。
これまでノーザン空港坂路の映像みてきて、3F42秒くらいで"かなりいいよね!"って思ってましたが、門別デビューなので最終追い切りとしてもこんな時計あるんですか。あーそうですか、あるんですか、あるんですね。

能力検査の映像もホッカイドウ競馬の公式サイトからみることができます。

f:id:yuminemu:20190611121854j:plain

凄い強風(直線は思いっきり向かい風)の中で、まるでグラスワンダーのような迫力ある走りで大外一気。とてつもない大物感に溢れています。

出資者としては、まずは怪我なく無事にという気持ち。おそらく明日は爆発的な脚の片鱗を魅せてフレッシュ勝ちしてくれることでしょう。そして全国区の活躍を願うばかり(ぜひ来年の関東オークスをっ)。

プライベートPOGの指名馬

大学の頃からの競馬仲間でやっているPOG(ペーパーオーナーゲーム)がありまして。

過去の指名馬にはディープインパクトブエナビスタなど名馬多数。2018-2019は10チーム10頭の指名馬で中央の全G1制覇という偉業も成し遂げました。
私指名のダービー馬はマカヒキと先日のロジャーバローズの2頭です。

今期のねむねむチーム(2人で選んでます)の指名馬は下記の通りです。

1.ブルトガング(タピッツフライ2017)
ドラ1ではリアアメリアが5チーム被りで盛大なじゃんけん大会になりました。楽しいですね。姉が走っていると全弟はなんとなくコケそうな予感ありますが。。。まぁドラ1は評判馬で。

2.ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)
JRA-VANPOG番組で評判高かったので釣られちゃいました。馬体がこじんまりとしてる印象なのでなんとなくコケそうな匂いはします。

3.レッドベルジュール(レッドファンタジア2017)
完全にこのコメントに乗りました。
"北村友騎手「先週も乗せてもらいましたが、今日も無理せずこの時計が出ていますし、高い能力を感じさせる馬です。今年跨ったほかの2歳馬と比べても、トップクラスの素質を持っていると思います」"
ゆういちさん信じますよ。

4.ウインターコスモス2017
金子ディープ大好き。

5.ダノンアレー(シスタリーラヴ2017)
日高産のノーザン育成はちょっとしたPOGブーム?乗ってみました。体高はそんな無さそうでしたが伸びやかな馬体も好きなタイプでした。

6.サクセッション(アディクティド2017)
芦毛のキンカメ産駒ってあまり思い浮かばないのですが、キャロットの育成コメントが良さそうなので。デビューも決まってましたし。

7.シャルロワ(フェリシア2017)
この馬はまったくノーマークのキャロット馬なのですが、入厩してからの動きが良いんですよね。古谷剛彦さんが1歳馬のお披露目会のときに「この馬良い」ってTwitterでコメントしていた記憶があるんです。なかなか凄い相馬眼(デビュー前ですが)。

8.ヴィクターバローズ(モスカートローザ2017)
昨年度バローズ枠でロジャーバローズ引いたので、今年もまたアタリますように。

9.キンブレル(エリドゥバビロン2017)
こんな順位で確か競合してじゃんけんになったんですよね。マニアックだよなぁ。Gリビエールレーシング枠。目指せジェネラーレウーノということで。

10.エオスモン(ショアー2017)
母は1999年生まれという高齢で心配ですが、父ジャスタウェイと馬主も調教師も一緒ということで。個人馬主で父と代表産駒も同一馬主ってあんまきいたことないのがアレですけどね。(某金子さん除く)

 

すでに先週のシルク祭りで雲行きが怪しくなっていますが。特にサラミス、強すぎでしょ。ルールとしては「同一種牡馬5頭まで」くらいしかないので、ノーザンファームに集中しちゃうんでそこがちょっと残念です。「シゲル馬を必ず1頭入れる」とかあると面白いんですが。

f:id:yuminemu:20190604183021j:plain

ジャンケン盛り上がりました。