ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

2020-2021 POGリストづくり

なかなか続けるのは難しいものですね、ブログというものは。
半年ぶりの更新です。

一口馬主としては、出資馬ロードレガリスで盛り上がってズッコケたりしてそれなりには楽しんでおります。あとロードアクシスさんが本当に頑張ってくれていて、嬉しい限りです。2018世代は、評判の高いレッドジェネシス(リュズキナ18)をはじめ、本当に期待する出資馬が多いので、活躍に期待せざるを得ません。

さて、いつもやっているPOGのドラフト時期が近づいてきたので、寸暇を惜しんで今年もリストづくりに励みました。

f:id:yuminemu:20200527172011j:plain

みよ!この参考資料の数々、キャロットクラブの情報なども有効活用して仕上げているところです。

f:id:yuminemu:20200527164203j:plain

今週来週の調教その他情報も順次取り入れて、6月初旬のドラフトに備えます。

#出資馬は基本入れないようにしてるんですが今期ねむねむ出資馬はなかなかのラインナップ。指名されると複雑な気持ちになるので、どうしようか、、、と余計な悩みが増えました。

ブロンディーヴァがローレル賞に優勝!

2019年11月19日、川崎競馬場のメイン11レースは2歳牝馬重賞「ローレル賞東京2歳優駿牝馬トライアル)」。ねむねむ出資のブロンディーヴァさんが出走するのです!

f:id:yuminemu:20191120102344j:plain

仕事終わりで応援に行ってきましたよ!着いた頃にはもうパドック回ってました。ギリギリ~!

ずっとお天気が悪かったり強風だったりする中でレースをしてきたブロンディーヴァさん。ようやくと言っていい好天での出走となり、期待はしていました。不良馬場は明らかに不得手でパワータイプですからね。そしてパドックは贔屓目なしに、一番気持ちよさそうに歩いていましたよ!走るのが好きそうで何よりです。

個人的には門別の角川調教師の2頭、プリモジョーカーとバブルガムダンサーがライバル、と思っていました。
ブロンディーヴァも門別デビューです。門別出身の同期の強豪牝馬とはほぼ初対決!ただ、プリモジョーカーは-16kgと明らかに輸送減りっぽく、本調子では無さそう。
あとは鎌倉記念で牡馬に混じって3着のミナミンかなぁ。今の所地方2歳牡馬No.1のインペリシャブルと0.7秒差はかなり強そう。
同じくキャロットのアートムーブメントも応援したい気持ちはありましたが、小柄な牝馬なのでこのパワーの要る馬場だとどうかなぁという感じでした。

~~~~~~~~~~

馬券は、1着固定の3連単にしようかと思ったけど、相手が決まらず、馬単にしました。たくさん買うと「ねむねむの呪い」となり最後の脚が鈍る傾向を感じていたので、少額で。。。

f:id:yuminemu:20191120103353j:plain

レース前にゴール板近くに向かうと、隣から「1番人気になっちゃったなぁ、緊張するなぁ~」とたった今、私が思っていたことをそのままセリフにする声が。

思い切って話しかけてみたら、同じくブロンディーヴァの出資者さんでした!12月31日大晦日の「東京2歳優駿牝馬競走」にも既に予約?されているようで(ローレル賞3着以内なら優先出走権)。

お仲間出資者さんもブロンディーヴァに持ちタイムが無いことは心配している様子でした。果たしてどうか。

~~~~~~~~~~

レース中は叫びまくっていたので写真はありませんが、スタートも決めて好位から直線抜け出す横綱競馬!

f:id:yuminemu:20191120105320j:plain

差されそうで差されない渋とさもみせて見事に1着となりました!!!!お仲間さんとハイタッチもして喜びを分かち合いました~!

口取りは抽選外れたので遠目に眺めてました。2,3着馬とか殆どみてませんでしたが、馬単も当たってました!

~~~~~~~~~~

【川崎・ローレル賞】ブロンディーヴァ重賞初制覇!内田師高笑い“表彰台”独占― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

f:id:yuminemu:20191120104448j:plain

こうやってニュースになってるとニヤニヤしてしまいます。地方重賞も記事にしてくださりありがとうございます。

~~~~~~~~~~

順調にいけば年末の東京2歳優駿牝馬も有力馬として出走となるでしょう。直線が長いので差し脚が強烈な門別アザワク、今日は出遅れてしまったバブルガムダンサーなどが出てくると強敵にはなりますが、頑張ってもらいたいものです。ブロンさんは控えても凄い脚使えると思うのでまずは良馬場希望で!

「トウカイテイオー後継種牡馬プロジェクト・クワイトファイン種牡馬入りへの道」に支援しました

トウカイテイオー後継種牡馬プロジェクト・クワイトファイン種牡馬入りへの道 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

camp-fire.jp

こちらに支援しました。

メジロマックイーントウカイテイオーの頃に競馬に興味を持った人間としては、こういった動きに少しでも貢献できたら、と思いました。

f:id:yuminemu:20191119142740j:plain

母父がミスターシービー、母母父がシンザン、さらにタニノムーティエの名前もあります。カタカナ馬名が多い!!血統要素的には配合相手には全く困らなそう。

大牧場、大馬主さん達にも、損得抜きにしてこういった活動、引退馬の支援などにもう少しだけ、、、気持ちを向けてほしいなぁ、と思ったりしちゃいます。

ところで、大種牡馬セントサイモンが遺伝子調査の結果次第では、トウカイテイオーと同じヘロド系かもしれない、という話もありますよね。そうなるとバイアリータークの父系としてはリボー系とかも当てはまることになるので、もう少し父系存続しそうではあります。しかし、真実は知りたいですが、配合の歴史として「セントサイモン系」として続いてきたので、系統の書き換えはなされないでしょう。ベンドアもお母さん違ったみたいですしね。

ロードサラブレッドオーナーズの2019募集馬(2018年産)を検討する

ようやく届きましたよ、カタログが。首を長くして待ってました。

ロードサラブレッドオーナーズ~募集馬情報

ロードサラブレッドオーナーズ~2019年募集馬 測尺値

馬体重は全募集馬が400kgは超えており、一部体高が低い馬も居ますがスペック的には全馬問題なし、あとは馬体と動きを見るのみ、です!(血統ももちろん気になりますが)

 

さて、動画を先頭から1頭1頭みていったのですが、、、、

「あれれ・・・」

という印象。

正直ロードカナロア産駒達はあまり魅力を覚えず。完歩が狭い気がしてしまう。昨年のロードクラージュ(未勝利ですが・・・)の方が良いような。そして価格は3割増し?うーん、これは手が出せないかなぁ。

などと思っていたら、後半に入って新種牡馬マクフィの産駒やお買い得枠のサマーセール出身馬などに、私好みの歩き方の馬が複数いました。あくまでド素人目線ですので念の為。

----------------------

6.シンメイフジ2018
カナロア産駒の中では一番良くみえた。高橋義忠厩舎、牝馬で3300万円。

11.パーフェクトトリビュート2018
さすが藤原英昭厩舎予定の7200万高額ディープ牡馬!という歩き。

16.キャサリンオブアラゴン2018
現役の1勝馬クラス(500万下)では賞金王かもしれないロードマドリード(2019/11/12現在1-9-5-4で3745万の獲得賞金)やメイズオブオナーの下。父はドゥラメンテ牝馬。初年度産駒ということもあり、注目したいが動画みてもかなり小柄に見える(発表の馬体重は412kg)

19.サッカーマム2018
モーリス産駒って可動域が広いような気がする。この牝馬もそうで434kgだけど大きく見せて好印象。

◎20.ヴィーヴル2018
マクフィ産駒の牡馬。中型サイズでバランスもとれていてとても良くみえる。正面からみたときの首の動きも好み。

f:id:yuminemu:20191112145522j:plain

ヴィーヴル2018

○21.オーシュペール2018
出資馬ロードアクア(2勝)の半弟で父マクフィ。20に続いて好印象。マクフィ良いかも!!!

22.ハワイアンアイ2018
今期の最安値となる募集価格800万円(といってもサマーセールの取引価格は216万なのでかなり上乗せ)。滅多に募集されないリーチザクラウン産駒、ということでそそられる。馬体写真はイマイチにみえて歩きもモッサリ感はあったものの、割としっかり歩けている印象でこれなら、と思った。

○27.フレンチトウショウ2018
柔らかい歩様で好印象。カタログのコメントにもあるようにシニスターミニスター産駒なのに前脚の感じがダート馬っぽくない。繋ぎの角度も普通なので本当に芝で走るかもしれませんな。

29.ダイヤモンドローズ2018
サマーセールで1700万円台まで競り上がった馬。そのせいもあり募集価格は高めに設定されているが良い馬に見える。後ろの繋ぎが長過ぎるのかクッション効きすぎて歩きがちょっとふにゃふにゃしててトウカイテイオーみたい。ちょっとケガなど心配?

31.コンフォータブル2018
好調カレンブラックヒル産駒、かなり太いので俊敏な印象はないが、完歩自体は広い。血統も魅力、母父ザールってBest in Show牝系で結構な良血なんですよね。

○32.ウェーブピアサー2018
前後の脚がクロスしちゃいそうな可動域の広さ!とても良くみえました。繋ぎは前脚が特に寝がちで心配。芝のマイルくらいで頑張ってくれないかしら。

----------------------

一番良くみえたのは20.ヴィーヴル2018。あと32ウェーブピアサー2018も繋ぎを除けばとても良くみえました。
今後の申込み状況や育成コメントをみて、出資決めていこうかと思います。

ブロンディーヴァをモノサシにして本日の鎌倉記念を予想してみる

昨日、キャロットで出資している愛馬ブロンディーヴァ(牝2)が川崎の小野特別というダート1600mのレースを完勝!スタートが良く結構なハイペースで先行してそのまま押し切ってくれました。やったね!!

ここまでの戦績は1着4着3着1着。2-0-1-1、今後も期待です。
そしてこれまでのレースですが、特に3戦目までは今思い返してみるとかなり相手が強かった!!と思うのです。

まずは勝利した初戦、6月12日の門別競馬場JRA認定フレッシュチャレンジ、あまり着差もつかなかったし、ちょっと微妙かも、、、と当時は思ったものですが…。

f:id:yuminemu:20191022134610j:plain

このレース2着が今日鎌倉記念出走のアベニンドリーム(既に2勝)、3着は既に3勝を挙げているタイセイサクセサー、4着エムティリンドも2勝、6着ケリーも3勝とかなりハイレベルの新馬だったような気がします。地方競馬における2019伝説の新馬戦になれるか!?ブロンディーヴァ持ちとしては何となくデビューを共にした全馬を応援したくなってしまう。

続いて2戦目、7月16日のJRA認定ウィナーズOPはちょっとスムーズさを欠いたレース運びになってしまい4着敗退でした。しかし、上がりタイムはダントツの1位で改めて高い素質を感じたレースです。

f:id:yuminemu:20191022135127j:plain

ここのメンバーもなかなか揃っていた印象。1着イッキカセイは本日の鎌倉記念出走。2着マナホクレレも中央の芝OPにも挑戦した3勝馬。3着のテーオーブルベリーは本日(2019/10/22)時点で唯一ブロンディーヴァが先着を許した牝馬ではありますが、出遅れなくスムーズだったら必ずや逆転できたはず。7着のミステリーベルンはその後フローラルカップ勝ちました。これもハイレベルな1戦といえるでしょう。

そして、川崎に移籍しての3戦目が9月3日の若武者賞大雨の中レース観戦に行ったレースですね。

f:id:yuminemu:20191022135944j:plain

ここはインペリシャブルが超圧勝。水掻き付いてるんじゃない?というくらいの雨馬場巧者っぽいし、雨上がりの今日の鎌倉記念でも最有力でしょう。パワータイプのブロンディーヴァは不良馬場が苦手の様子。そんな中必死に粘っていましたが最後オニキリマルに差されてしまいましたね。
その2着オニキリマルは次戦で大敗しちゃいました。。。モノサシ派としては比較に困るところですが、ここは彼が凡走しちゃった、ってことにしましょう。4着ブルームヴォーグも本日鎌倉記念出走です。最後は鋭い脚でした。

さて、本日の鎌倉記念の出走馬。全11頭中ブロンディーヴァと一緒に走ったことがある馬が半数以上の6頭も居るんです!すげー。

f:id:yuminemu:20191022141000j:plain

☆入っている馬がブロンディーヴァと共に走った馬達。4戦しかしてなくて4戦目は昨日ということで実質3つのレースなのに6頭一緒とは凄すぎる。ブロンディーヴァ出資者としては注目どころか、なぜか絶対に的中させたいレースになってきてしまいます!!!!

モノサシ比較なので、ブロンディーヴァからの着差だけで評価。マイナスの方がブロンディーヴァを上回っていた、ということにしています。

1イッキカセイ:-0.5
2ゴールドセイバー:+3.3
3アベニンドリーム:+0.2
4ユウユウグリュック:未対戦
5ブルームヴォーグ:+0.1
6ミナミン:未対戦
7ヒイロメープル:未対戦
8インペリシャブル:-2.2
9レイワデジタル:未対戦
10チョウライリン:+1.5
11スティローザ:未対戦

対戦していない馬も無理やりモノサシしてみると・・・
11スティローザは牝馬。ブロンディーヴァに先着したオニキリマルとテイオーブルベリーにも先着しており、ブロンディーヴァとは互角以上という見方も可能かもしれません。将来のライバルか!?門別にアザワクやプリモジョーカーという強豪牝馬も居ますが。
9レイワデジタルは前走これまたモノサシ馬になれそうなピアノマンを破って1着と地力強化が伺えますがスティローザにその前のレースで千切られているので果たしてどうでしょうか。
7ヒイロメープルは戦績だけならかなり強そう。ただ2戦目と3戦目に0.6差をつけて下した2着馬ポピュラーソングは馬場が向かなかったにせよ園田プリンセスカップでスティローザからは3.3も離された8着。このあたりの比較をどう評価するか・・・。
6ミナミンはブロンちゃんと繋がる要素がほぼ無いので評価できず。
4ユウユウグリュックはこれまでのレースで度々登場のスティローザやオニキリマルと3秒以上も離されているのでここは苦しいでしょう。

先程の着差評価に加え、スティローザをブロンディーヴァと互角以上、としてみると、ねむねむの印としては

◎8インペリシャブル
○1イッキカセイ
▲11スティローザ
△5ブルームヴォーグ、2アベニンドリーム
☆9レイワデジタル、7ヒイロメープル

7頭も挙げたら当たりそうではある(笑)
(ブロンディーヴァはここに出ていたらもしかしたら2着?でも多分4着くらい?)
断然人気のインペリシャブルを1着固定にした3連単と3連複とではそんなに差がつかないと思うので、いまのところは3連複で勝負しようと思います。

8 - 1 - 2,5,7,9,11
8- 11- 1,2,5,7,9

1-8-11が重複してますが、ここだけ3連単ボックスにしてみるのもアリか?スティローザが本調子なら結構やれると思うんだが。。。

たまにはしっかり的中させたいものです、馬券回収率3割…トホホ。

※各クラブホームページに掲載されている募集テキストや写真、また近況テキストや近況写真の引用につきましては、「キャロットクラブ」「シルクホースクラブ」「ロードホースクラブ」「ノルマンディーオーナーズクラブ」「東京サラブレッドクラブ」「広尾サラブレッド倶楽部」「グリーンファーム愛馬会」それぞれより転載許可をいただいております。