ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

キャロットクラブ馬の初出走!ルメッサージュ

先週の回顧もできず、更新がご無沙汰になってしまいました。早速今週末の注目馬について、です。

2016世代が私にとって最初の出資となるキャロットクラブ。

その中の1頭、ルメッサージュ(父ヨハネスブルグ、母チアズメッセージ、母父サンデーサイレンス)が日曜日の福島新馬(芝1200m)に出走することが決まりました。騎手は減量ながらメキメキ頭角を現している武藤騎手。

最終追い切りと福島への輸送があるので多少減るでしょうが、骨格のサイズからすると400キロ前後が適していそうです。できれば400か402キロくらいでレースへ出したいのですが、400キロを切っていてもそこまで減りすぎていなければ問題ないと捉えていただければと思います。追い切りは坂路で行いましたが、この馬格と言うこともあってか非力さはあり、乗り手の感触もあともうひとつはギアがほしいとのことでした。そう簡単に力強さを備えることはできないので、競馬を経験しながら力をつけ、走りを覚えさせていければと思っています。この馬のいいところは走ることに対して真面目なところです。ただ、その気持ちに体が追い付いていない感があって、スタートはそこまで速くないですね。蓋を開けてみないとわからない部分はありますが、練習通りあまり出ないことを想定すると、如何に流れにうまく乗れるか、離されすぎて気持ちが空回りしないかがポイントになってくると思います。

f:id:yuminemu:20180720123629j:plain

キャロットクラブではデビュー前に写真を送ってくれるのですね。

出資の決め手は母チアズメッセージ、でした。かなりの活躍馬でしたから記憶に残っています。

f:id:yuminemu:20180720151209j:plain

父の産駒としてはやや薄手に映りますが、緑の放牧地を軽やかに躍動する姿に、母系の実績を重ねてみればそれも納得です。トモ高の体形に今後の伸びしろの大きさが見てとれ、将来的にはこの品のある馬体に力感が備わることでしょう。滑らかな四肢の回転が卓越したスピードを生み出していますが、可動域の広い柔軟性のある関節を有しており、距離はある程度こなしてくれそうです。走ることが大好きな前向きな気性は、仕上がりの早さと軽快な先行力につながるはずで、2歳戦から活躍した母に追いつき、そして追い越すような競走生活を期待します。

もともと薄手の馬体だったので小柄なのは覚悟していましたが、思った以上に小さいんです。厩舎コメントもちょっと厳しそうですが、真面目に走ってくれるとのことなので、そこに期待したいところです。

ノルマンディーの反撃~タイドオブハピネス新馬戦

3末にポチった際にご紹介したタイドオブハピネスがその後も順調に調教を重ねてくれまして、早くも明日土曜日、7月14日の函館競馬5レース芝1200新馬戦がデビューとなりました。

入厩前はあんなにポッチャリだった馬体もドンドン絞れて細いくらいになっちゃったんですが、調教の動きがかなり良いので、いきなり勝ちも期待できそうです。ノルマンディー2016世代は昨年とは違う、ってことですか!?信じてよいですかっ!

f:id:yuminemu:20180713105525j:plain

JRAレーシングビュアーには2歳馬の調教からピックアップした何頭かを毎週木曜夜にアップしてくれるサービスがあるんですけど、今週函館組でピックアップされている13頭の中では一番良い動きに見えちゃいました。(あ、でも、贔屓目かも)

公式からのコメントを引用させていただきます。

☆7/14(土)函館・2歳新馬(芝1200m・混)木幡初也騎手

11日(水)に函館競馬場の芝コースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、64.4-49.7-36.4-11.7を馬ナリに追い切りました。「7日(土)に函館競馬場に到着後は少し楽をさせて、10日(火)から馬場入りを開始。さほど輸送が堪えた感じはなく、飼い葉食いも安定して440kg台を保てていたため、当初の予定どおり水曜日に芝コースで追い切りを消化しました。体重の軽い初也が騎乗していたとはいえ、持ったままで5ハロンから好時計をマーク。外目を先行する形の追い切り内容でしたが、伸びのあるフットワークで最後までしっかりと動けていましたよ。こちらでは初めての時計消化になるものの、美浦で十分本数を乗り込んできて態勢は整ったと見ています。稽古でもムキになって走らないのは好感が持てる反面、まだ少し気持ちがノンビリとしていて初戦向きのタイプには映りませんが、いきなり上位争いを演じてもおかしくないでしょう。いいスピードを持っていますし、前々からスムーズな競馬をしてくれたらと期待しています」(黒岩陽一調教師)

小幡初也騎手騎乗ということでそれほど人気にはならなそう(失礼)なので単勝馬券でも握りしめて声援送ろうかなぁ、とか思っています。

その他、今週末は昨日の記事で紹介したゼアブラヴ、こちらも久々の出走のねむねむ君出資馬中最高額馬and出世頭(降級して1000万下)のロードアルバータ笠松の佐藤友則騎手で、更にはダート2400mというこの馬のためにあるかのようなレースを中川公成調教師が狙ってくださいました!ドーファン、相手強いが己との戦いか~ブリンカー着用予定のロードヴォラーレ(鼻血)、また池添騎手が乗ってくれます~調教はさっぱりでもレースでは割と真面目に走るようになったロードスターダストノド鳴り抱えちょっと厳しいが応援するよ!ロードレジェンドと多数出走してくれるので楽しみです。まずは全馬無事でありますように!

ねむねむくん、園田競馬の馬券予想屋を開始!?

中央競馬の馬券回収率は5割ですが(苦笑)独自のロジックでずっと研究していた園田競馬について予想ブログを立ち上げました。

sonoda-keiba.hateblo.jp

中央競馬よりは成績だいぶマシです。あまりアテにはならないかもしれませんが、園田ファンの方いらっしゃいましたらお立ち寄りください。

ゼアブラヴの復帰戦が楽しみです

ついこないだ新馬戦勝利したような気持ちもありますが、まだ3戦というキャリアのまま4歳になっちゃったシルクホースクラブの愛馬ゼアブラヴくん。父ファルブラヴ、母はダイナカール血統のジェシカ(母父トニービン、母母父サンデーサイレンス)です。

待ちに待った復帰戦が7月15日のタイランドカップ(500万下特別)、約1年ぶりのレースです。骨折などのアクシデントが続いてしまい、時間をかけて立て直しを行っていただいたようです。

1週前の近況は

近況
ゼアブラヴ[父 ファルブラヴ : 母 ジェシカ]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:5日にCWコースで追い切り
次走予定:中京7月15日 タイランドカップ〔荻野極〕

小崎憲調教師「5日にCWコースで追い切りました。3頭縦列の最後尾を追走し、最後の直線で内に入れて併走しました。ゴールを過ぎた後も気を抜かないように1コーナーに差し掛かるまで押っ付けていきました。相手に併せる余裕がありましたし、なかなかいい動きでしたよ。動きの重さはなく、いい状態で来週の競馬に復帰させることが出来そうです。おそらく500㎏を切るぐらいで出走させることになると思いますが、お腹がボテっとしている体型ですし、成長分もあると思うので、今の状態を維持しながら来週に備えていきたいと思います、ジョッキーは荻野極騎手に依頼しています」

 このような感じ、そして昨日の最終追い切りは

助 手 7.11CW良 
87.4- 70.3- 54.4- 39.5- 11.7
[8]馬なり伸る
ヒロミ(三未勝)馬なりの内
0.9秒追走同入

 とのことで、体調面は問題無さそうです。2戦目の万両賞(3着)で一緒に走った馬達の中にはオープンで活躍している馬もいることですし、500万下のここは好勝負に期待。

f:id:yuminemu:20150907104926j:plain

出資の決め手は馬体の良さでした。ダイナカール牝系ならきっと成長力があって息の長い活躍をしてくれるはず、という期待もありました。

ハープスターやステルヴィオの母父としてこのところ存在感を示してきたファルブラヴですが、現4歳世代の2014産をもって種牡馬引退しているのでゼアブラヴは最終世代となります。馬名意味が「とても良い子(独語)」とあるように、他のファルブラヴ牡馬産駒と違いそれほど気性面の心配はない模様。まずは順調にレースに出走できますように。そして願わくばフィリーサイヤーと言われ続けた父の牡馬代表産駒になれますように。

 

メジロルバート2017をシルクホースクラブが競り落とし(セレクトセール2018・1歳馬)

いやー、高いっ、高いっ!

セレクトセール2018ですが一般ピープルには理解しがたい高額取引が続いております。まだ途中ですが億超え馬が20頭以上ですか・・・トンでもないですな。

さて、そんなバブルなセールの中、地味にシルクホースクラブが1900万円にて購買した1頭の馬に注目。

メジロルバートの2017(牡・父オルフェーヴル

f:id:yuminemu:20180605172234j:plain

>ウォーキング動画はこちらの36番を参照ください

f:id:yuminemu:20180709163410j:plain

メジロ牧場のレイクヴィラファームの生産馬らしく、THEメジロ!という血統構成がとっても素敵。

オルフェーヴル内のメジロマックイーンと母父メジロライアンを経由して、メジロの基礎牝馬の一頭、シエリル(Cheryl)の牝馬クロスがあるんです。三振かホームランか、そんな雰囲気を漂わせます。

それにしてもこの血統、ハイペリオンHyperion)濃度かなり多いですね。ノーザンテーストクロスもありますし。小柄なハイペリオンノーザンダンサーに似て?馬体はそれほど大きくないかもしれません。あと、動画みたところちょっとだけ外向気味でした。

 

あと全然関係ないですが、さっき出先でこんな建物発見しました(笑)

f:id:yuminemu:20180709170828j:plain

シルクはもう1頭、ラッドルチェンド2017も5000万で購買者になってますね。追加募集が早くも楽しみになってきました。