ねむねむくんの一口馬主ブログ

目指せ、G1勝利!~出資する愛馬をひたすら応援

2018HBAトレーニングセール鑑賞中

また更新が滞ってしまいました。実は6月1日に行われる友人達のPOGドラフト会議の準備で忙しく、ブログに載せたいPOGネタも多いのですが、友人もみてるかもしれないのでネタにできず、といった感じでして。

POG調査の一環、というわけではないのですが、昨日が公開調教で本日が実際のセールとなる即戦力2歳馬を見つける、2018北海道(HBA)トレーニングセール。結構セリ鑑賞が好きなんで、ネット実況してくれるのはありがたいです。

<HBAトレーニングセールとは>
5月に開催される2歳トレーニングセール。
2006年度より開催地が札幌競馬場に移され上場頭数・売上ともに飛躍的に増加、2007年度は競馬場改修で6月開催となりましたが、2008年度からは5月開催に戻りました。
札幌競馬場改修工事にともない2014年度は函館競馬場で、2015年度からはリニューアルした札幌競馬場で開催されています。
同セールからは、G1-香港カップなどG1競走6勝馬モーリス(2013年度取引馬)、G1-菊花賞、G1-天皇賞春やG1-宝塚記念を優勝したヒシミラクル(2011年度取引馬)、G-1天皇賞春を制したジャガーメイル(2006年度取引馬)、G2-兵庫チャンピオンシップを優勝したクロスクリーガー(2014年度取引馬)、G2-京成杯を優勝したプレイアンドリアル(2013年度取引馬)、G3-カペラSを優勝したキクノストーム(2014年度取引馬)、G3-アイビスサマーダッシュを優勝したラインミーティア(2012年度取引馬)などの活躍馬が出ています。

上場馬一覧

詳細もろもろ

このセリは騎乗者の体重(70kgくらいの方もいた)や人となり(?)が色々なのでタイムはあくまで参考程度かなぁ、とは思います。そしてラスト2ハロン、1ハロン共に1位を記録したアサティスジョオー2016は、なんと元騎手の藤田伸二が乗っていたんだとか。流石ですねぇ。

さて、上場馬の写真をいくつか転載。4頭1グループとして、公開調教のタイムが良かった馬達が2グループ、良くなかった馬達が2グループあります。馬体みてお分かりになりますか?

【▼その1】

f:id:yuminemu:20180522092639j:plain

【▼その2】

f:id:yuminemu:20180522092658j:plain

【▼その3】

f:id:yuminemu:20180522092724j:plain

【▼その4】

f:id:yuminemu:20180522092751j:plain

私はド素人なので良くわかりませんが、確かにトモのボリュームあったりする馬が居たり、いかにも成長途上で現状では非力そうな感じがする馬、馬体がボテっとしてて絞りきれてない馬も居るように思ったりもします。(答え:上のグループから順に「遅速遅速」です)

気になるのは【その2】の左下の写真の牡馬(近親カルストンライトオに凄く似てる!)【その4】の右下にいる父パイロとは思えないスラッとした馬体の牝馬です。いくらの値がつくのでしょうか、誰が購入するのでしょうか。今日のセリ結果にも興味津々です。

即戦力のPOG穴馬などが見つかればいいな、とは思いますが、はてさて。今期は特にノーザンファームが6月からドンドン出走させてきそうなのですよね~。みんな頑張れー!